エバーグリーンツーリスト > お知らせ・旅行ニュース > その他のお知らせ・ニュース

その他のお知らせ・ニュース

該当するニュース : 79件

こんにちは。”おでん”です。

今日は”おでん”が経験した、世界のビックリトイレ事情をご案内しようと
思います。ただあくまでも”おでん”の素人目線のことなので、詳しくは
TOTOさんのHPでもご覧くださいませ。

まずは、”おでん”の大好きなフィリピンのトイレから。

見た目は普通の洋式トイレなんですが、何故か便器のよこにゴミ箱が
必ず置いてあるんですよ。
その意味がわかったのは、3回目のフィリピン訪問の時でした。
なんと、フィリピンのトイレの配管は日本の半分の径だそうで、
トイレットペーパーは流しちゃいけないだそうです。
そういえば、何度かオーバーフロー寸前でビビッタ経験が・・・・。
「フィリピンのトイレでは使用済みのトイレットペーパーは
 備え付けのゴミ箱に捨てましょう」

次は、これまた”おでん”の大好きなバリ島。

ヒンズー教の総本山。ブサキ寺院に行った時、急にきたんですよ。
あの”さしこみ”っていう奴が・・・・。仕方がないのでお土産やさんの
トイレを借りたんですが、どこ捜してもないんですよ。紙っていうものが。
その代わり便器の脇に水の入った大きなカメとひしゃくが置いてあったんですよ。
仕方がないので、ひしゃくに水を汲んでお尻にかけ流したのです。
もうどこもかしこもビショビショで大変なことに・・・・。
「バリ島ではいつもポケットティッシュを持参しましょう」

                                         クリックすると新しいウィンドウで開きます

続いては、イタリアのホテルのトイレットから。

世界でも名だたるホテル”ヴィラメディチ”というメディチ家の別荘として
利用されていた場所が、現在ではホテルとして営業されています。
約300年も前の建物がほとんどそのままの状態で使われていて
広くゴージャスな客室には、贅沢なバスルームやトイレが完備されていて
さすがにイタリアの貴族らしい佇まいを感じさせます。
ここでビビったのはトイレットペーパーの場所で、便座からなんと徒歩3歩。
当時の貴族たちはトイレの世話まで召し使いにさせていたので、離れて
いるのが当然なのです。
「ヨーロッパの5つ星ホテルや古城ホテルに泊る際はペーパーの場所に
 ご注意を・・・・」

最後にパリ郊外に位置する”ベルサイユ宮殿”のはなし。

”ベルサイユ宮殿”いえばフランスを代表する観光スポットとして
あまりにも有名。連日世界中から観光客が押し寄せる大人気の場所
ですよね。
ところが、トイレの数があまりにも少ないため、駐車場のトイレなどは
常に長蛇の列。現地のガイドさんに理由を聞いたところ、ヨーロッパ人は
外出先でトイレを使うことがほとんどなく、トイレがまめなアジア系に比べて
極端にトイレを使う回数が少ないそうです。そういえば高速道路のサービスエリア
のトイレも日本の十分の一程度の数しかないため、日本のツアーバスがつくと
たちまち列ができてしまうんですよ。
きっと恐ろしくでかい膀胱を持っているんでしょうね。
「ヨーロッパ観光の際は水分はひかえめに・・・・・」

まだまだご紹介したいトイレは数多くあるのでまたの機会にご紹介したいと
思います。

”おでん”的には、日本のトイレ環境は世界でも指折りだと思います。

トイレに入れば自動でふたがオープン。座れば便座がほっかほか。
用が済めばウォシュレットでしゃわしゃわ。最後は温風乾燥でサッパリ。

こんなトイレは世界中どこ探してもみたことないですよ。
でも日本では今や高速道路のサービスエリアでも常識です。

もっと日本のトイレを世界中にアピールするべきですよ。
これは「日本の新たな資源」と言ってもいいんじゃないでしょうか!

 

 

                                     heya03-toire.jpg

 


 


 

ニュース投稿日 : 2009年12月23日 / TOP

こんにちは。”おでん”です。

年末になるとホテルや観光地の営業の方が大勢挨拶に来てくれます。
今日は、京都の老舗ホテルの方がわざわざ訪ねてくれました。

いろいろと今年を振り返って話を聞いていると、さすがの京都も今年は
観光客の数。観光収入とも近年まれに見る落ち込みだったそうです。

日本全国には有名観光地が多数存在しますが、その中でも「京都」は別格な
存在でした。
それは、まるで中東の石油のごとく、京都独特な観光資源によって全世界から
お客がくるので、オイルマネーならぬ京都マネーが見込めたのです。

 

 

               work06 jpg         450 20061206141257210 jpg

ところが今年は、不況、円高、新型インフルの三拍子のため「京都都市伝説」も
崩れさったそうです。

そういえばここ数年、京都古来の老舗ホテルが大手ホテルチェーンに変わって
います。例えば、「ウエスティン都ホテル」そして「京都ホテル・オークラ」など
京都を代表するホテルがダブルネームに変わっています。

みなさんは何回ぐらい京都にいかれましたか?

女性の支持が圧倒的に多いため、男性に至ってはほとんどが修学旅行
以降はゼロ回が多いようです。

でも男性にとっても京都はたいへん魅力的な場所だと思います。
たとえば「保津川下り」や「トロッコ電車」はアドベンチャーやノスタルジーも
味わえるし、元禄の昔から変わらない「川床料理」はまるでその時代に
ワープして食しているような錯覚におちいります。

 

 

              船頭の巧みな竿さばきで難所を乗り越える 保津川下り が開幕 =10日午前11時12分 京都府亀岡市 撮影 柿平博文         070610 14310001 jpg

今は亡き”おでん”の母親も大の京都ファンでした。
京都に雪が降ると、馴染みの個人タクシーの運転手さんから電話がきて、
翌日には新幹線に飛び乗るほどの情熱でした。

京都の観光産業の方には申し訳ありませんが、今の京都なら「のんびりゆっくり」
観光が楽しめそうです。
本来の「静かな京都」が味わえるのも今のうちかも知れません。

 

 

             yuki203 30115g401 jpg                 2008 13 jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ニュース投稿日 : 2009年12月18日 / TOP

こんにちは。”おでん”です。

こんな時代にあっても「船旅だけ」は即日完売なんだとか?
そういえばエバーGにも最近異常に「船旅」のパンフレットが届きますよ・・・・。
ウチはあんまり売れないけど・・・・ ̄\(-_-)/ ̄。
   

20091125181156_00001.jpg
  

                                 

 

 

 

 

 

 

実は”おでん”も一度だけ「船旅」の添乗した経験があります。
お正月をグアム・サイパンで迎える船旅で、12月27日に晴海を出航して
10日間のクルーズでした。

出航してまもない東京湾内はほとんど揺れもなく、初日の夕食は船長主催の
ウエルカムパーティーが行われ総勢500名の乗客が食事を共にしました。

ところがです、2日目から外洋に出たとたんに荒波が容赦なく船を揺らして
”船酔い”のため食事を摂れないお客様が続出!3日目にはとうとう半分以上の
乗客が部屋で寝たきりになりました。実は10名いた添乗員の半分がダウン状態。

正直、高い旅費を払ってこんな辛い思いをする船旅なんてありえないと思いました。

やっと4日目。硫黄島を過ぎたあたりから気温が30度を超えるようになりプール開き
が行われました。海も穏やかになりやっと乗客もぼちぼちデッキに姿を現しはじめて
出港時の賑わいがもどったのです。

”おでん”にとってあまりにも衝撃的な船旅の印象でしたが、このお正月クルーズは
発売まもなく完売となる超人気コースでしかも半分以上がヘビーリピーターなのです。

そこで、”おでん”的に船旅の魅力を考えてみました。

1 時間に追われないこと。
  飛行機の時間や移動がないので、心底のんびりできる。

2 とにかく自由なこと。
  好きな時間に見覚めて、好きなことをして過ごす。食事をしようがしまいが誰も
  干渉しない。

3 ある意味すごく安い。
  3食の食事以外に、午後のティータイムや夜食まで付いてる。しかも飲み物も
  フリードリンクだし、船内のエンターテイメント(ショーや映画など)全て無料。
  さらに船なんだから、移動費用や宿泊費用も込みなわけで・・・・。
  船内ではまさにお金いらずなんですよ!!

どうですか?少しはご理解いただけましたか?

今、エバーGの店頭には2010年のクルーズパンフレットがたくさん並んでいます。
船旅専門の会社じゃないので、主に日本客船を使ったコースが中心ですが、
「いつかは船旅」とお考えの方は是非お立ち寄りくださいませ。

2010年の目玉はなんと言ってもリニューアルした「にっぽん丸」でしょうね。
3月の伊豆諸島周遊クルーズを皮切りに多様なコースが揃っています。

 

20091125172821_00001.jpg
20091125172914_00001.jpg
 

 

 

 

 

 

 

 

パンフレットを見れば見るほど船旅にドップリはまりそうですよ。

”フィリピン”を卒業したら次は船旅かな?
まだまだ先になりそうですが・・・・・。                          

ニュース投稿日 : 2009年11月25日 / TOP

こんばんは。”おでん”です。

今日は、全日空の国内線ファーストクラス。「プレミアムクラス」をご紹介します。

エコノミークラスの料金に5000円~10000円の差額が必要ですが、これを
読めばその差額が決して高くないことをお解りいただけると思います。

まずは、エコノミークラスとの差は大きく分けてこの4つ。

seat01.jpg

 

 

チェックイン.jpg

 
食事.jpg
ラウンジ.jpg

まずは、大型のシート。フットレストや個人用テレビが付いた、電動シートは快適そのもの。

専用のチェックインカウンターは待ち時間もなく優越感に浸れる瞬間。しかも専用の手荷物検査場をぬけると、空港ラウンジに直結しているので、快適に待ち時間をすごせるのです。
美味しそうな機内食も提供されるので、空弁を買う必要もなし・・・・!
しかもエコノミークラスでは有料のアルコール類ももちろん無料です。

プレミアクラス.jpg

どうですか? ”おでん”の試算では、間違いなく5000円分の内容はあると思いますが皆さんはどう思いますか?
さらにお金にはかえられないあの優越感は格別ですよね。

夫婦の記念日旅行やもちろん新婚旅行などに是非利用してみてください。
最近はパッケージツアーでも利用できるコースが増えました。

ここだけの話。飛行時間の長い沖縄線で利用すれば費用対効果は抜群ですよ。

 

ニュース投稿日 : 2009年11月18日 / TOP

こんにちは。”おでん”です。

今日は、航空機マニアにはちょっと物足りないけど、飛行機好きの子供たち
には大ウケの場所をご紹介しましょう。

羽田空港のお隣に位置する埋立地。京浜島の先端にある「つばさ公園」の
話題です。

ここは、例のキムタク主演のドラマ「GOOD LUCK」にもしばしば登場した
場所で、目の前を大型航空機が3分おきに通過します。

つばさ公園 013.jpg
つばさ公園 011.jpg
この日は休日のため、大勢の航空機ファンも 高そうな望遠レンズでシャッターをきっていました。
 
 

つばさ公園 014.jpg
この親父さんは常連さんとみえて、アジ釣りをしながら、航空機見学。「何か釣れましたか?」 の問いかけに、ちょっと間が空いた後に「ダメだねこの場所は・・・」との返答。そもそも釣り人の返答に間が空くときは必ず釣れた証拠。缶コーヒーBOSSをちらつかせてもう一度聞いてみるとなんと、朝のうちに鰈が2枚に穴子が3匹が釣れたとのこと。
こんな東京のど真ん中で”江戸前の高級魚”が釣れるなんてウソみたい・・・。さすがに写真撮影はNGだったけど。「なるべく内緒にしてくれよ」と言いながらうれしそうに喋ってくれました。なるべくと言うことなので、お言葉にあまえて全国のひとが見られるインターネットにUPしてみました。親父さんごめんね!

つばさ公園 007.jpg
路駐も黙認されてるようで、お弁当持参で行けばすごく安上がりの暇つぶしになると思いますよ。

行き方は、首都高利用なら羽田空港の一つ手前。大井南の出口から一般道に入って、すぐに「つばさ公園」左折の看板がでるので超かんたん。

カップルで行くなら、ちょっと寒いけど夕方から夜もいいですよ。東京湾の夜景と航空機のランディングが妙にマッチしてロマンチックなムードは満点です。

ニュース投稿日 : 2009年11月16日 / TOP
TEL : 028-639-5931 / FAX : 028-639-5971 / お気軽にお問合せ下さい