エバーグリーンツーリスト > お知らせ・旅行ニュース > その他のお知らせ・ニュース

その他のお知らせ・ニュース

該当するニュース : 85件

こんにちはヾ(▽^  )ゞ ドウモ、エバ美です…

6月~スタートしました”栃さんぽ”、3ヶ月が過ぎました。ご参加いただきました
みなさま~ありがとうございました。なんとなくジメジメした中途半端な陽気ですが、
これからも、楽しいコースをご用意いたしますので、ぜひ…ご参加ください。

<栃さんぽ…9月実施予定コースのご案内>

9月07日(水曜日)コースNO.E1 ”花農場あわの” 押し花作り体験!!

herb-11-s.gif”花農場あわの”のガーデンで育てた各種草花の押し花作りを
楽しんでいただき、ご昼食は農場取立ての野菜やハーブ・旬の
素材を使用した、ちょっぴり豪華なヘルシーランチを堪能。
午後は花とハーブのガーデンをのんびり散策!!
お一人様料金 4,500円(昼食付き・材料費込み)

 

 

9月14日(水曜日)コースNO.E2 もめんの里真岡で染色・機織体験!!

岡部記念館・二宮尊徳資料館の見学…真岡木綿会館で染色・機織体験をして
いただきます。旅の想い出に自分だけのオリジナルを作っちゃお~
お帰りは、真岡市物産会館や道の駅「にのみや」でお買物…
お一人様料金 3,500円(昼食付き・材料費込み)

◎9月21日(水曜日)コースNO.E3 ”大人の社会科見学 第1弾!!

栃木県や県政への理解を深めるため?の”栃木県庁”見学予定と
リアルに再現”栃木県防災館”体験を予定。
↓ ↓ ↓
震度7までの地震体験や煙の室内での火災にあった時の誘導灯による脱室・
風速30メートル大風体験・滝のような大雨体験ができます。
お一人様料金 2,500円(昼食付)

◎9月28日(水曜日)コースNO.E4 らくらくハイキング 奥鬼怒渓谷!!

「女夫渕」から「八丁湯」への道は2つありますが、”奥鬼怒スーパー林道”は、
一般車両通行禁止な為、”奥鬼怒遊歩道”を利用…
「八丁湯」への道は、鬼怒川に架かる”女夫渕橋”を渡り、チョッと急でやっかいな
階段を上がる…「カツタテの滝」や「二つ岩」・「コザ池」などの景観を楽しみながら
紅葉の奥鬼怒を満喫します。
そして「八丁湯」でひと汗流し、休憩して食事もいただきます。
帰りは、らくらく送迎車で女夫渕温泉村営無料駐車場へ…
初心者大歓迎!!
ガイドは、日光の山を知る尽くした、書籍【日光修験三峯五禅頂の道】著者、
池田正夫氏です。
お一人様料金 4,500円(入浴・休憩・昼食付)

 

♪詳しくは…『栃さんぽどっとコム』ホームページをご覧下さい。
 栃さんぽコールセンターTel:028-637-1034
 お電話お待ちしております・・・

 

 


 


 

 

 

 

 

 
 

 

 

 

 

 


 

ニュース投稿日 : 2011年09月05日 / TOP
こんにちは(^O^)/グリ子です!
今日もう天気はパッとしませんね~
早く梅雨明けしてほしいですよね(T_T)

本日は6月17日付の空席状況のご案内です!
HAB.gif

デルタ航空利用<ホノルル6日間>
8月05日~8月07日出発 残席有!
8月10日~8月11日出発 残席有!



 

GA2.gif

デルタ航空利用<AM/PM便利用グアム4日間>
8月05日~8月13日出発 残席有!
デルタ航空利用<PM/AM便利用グアム5日間>
8月05日~8月15日出発 残席有!
デルタ航空利用<AM/PM便利用サイパン4日間>
デルタ航空利用<PM/AM便利用サイパン5日間>
8月05日~8月15日出発 残席有!

その他・・・空席有コースお調べします!!!
さらに!!EGTでご旅行お申し込み頂くと!!!
2名様以上でお申込みで旅行代金総額20万以上のお客様には
空港無料お迎えサービス有!!(片道利用)aki_0076.gif
5名様以上のお申込みで旅行代金総額50万以上のお客様には空港往復無料送迎サービス有!!


エバーグリーン・ツーリストだけのサービスです!

まずは・・・お問い合わせ下さい~!お電話お待ちしております\(^o^)/


ニュース投稿日 : 2011年06月17日 / TOP

こんにちは。”おでん”です。

唐突ですが、あのウワサは本当でした。

土曜日だと言うのに、観光バスがぜんぜんいないんです!
土曜日だと言うのに、旅館が真っ暗なんです!
土曜日だと言うのに、テーマパークがスカスカなんです!

こんな鬼怒川温泉は見たことない・・・・・。
これはウワサ以上の異常事態だと実感しました。

風評や自粛の影響で、栃木の観光地から観光客が消えました。
福島の隣県というだけで「とりあえずヤメトコ!」となってしまうのです。

そこでエバーGみずから安全を検証する旅に出ることにしたのです!
ほんとう言うと、最近あまりに暇な週末の繰り返しなので、たまには景気付けに
温泉でドンチャン騒ぎでもしてくっぺヨ! とまあそんな程度の理由なのですが?

エバ子の日記にもあるように、今日は川治温泉に泊まりにきました。
お世話になるのは、県内でも指折りの人気旅館「宿屋伝七」さんです。

さすがの「伝七」さんも宿泊客が落ち込んでいるため、4月中は土曜日も平日と
同料金で泊まれるのです。そのせいかなんと満室でした。
ただしほとんどが家族連れなど個人のお客様で、団体客はいません。

伝七親睦会 056.jpg
われわれが唯一のグループということで、宴会場は貸切でした。普通ならあちこちからカラオケや賑やかな声が聞こえるのですが、今宵は拍子抜けするほど静かです。

午後7時。11人の宴会が賑やかに始まりました。美味しい食事に2時間の飲み放題付き。
酔うほどに会話もはずみカラオケが始まるころにはテンションもMAXに。

伝七親睦会 030.jpg

伝七親睦会 018.jpg

伝七親睦会 021.jpg

      グリコとキノピオ                  森島D、中西、村上

伝七親睦会 028.jpg

伝七親睦会 022.jpg

      エバ子とエバ美                     ”おでん”と嫁
      田崎Dと谷口D

このへんまでは楽しいお酒だったのですが、この後がもーたいへんのなんのって・・・。

伝七親睦会 038.jpg
「いっき・いっき」がはじまりーの!伝七親睦会 050.jpg
                   ぶっ壊れーの!

伝七親睦会 052.jpgもてまくりーの!伝七親睦会 055.jpg

                        悶絶ーの!

この後は、便所に立てこもった者。 便器と抱擁している者などを救済して、
何とか部屋までたどり着いたのでした。

ハチャメチャな「伝七ナイト」となりましたが、やっぱり泊まりはいいですねー!
今回の旅のおかげで、社員みんなの距離がすごく近くなったように思います。

伝七親睦会 057.jpg

 

今朝は一風呂浴びた後、豪華な朝餉をいただいて、さらにコーヒラウンジで一服して帰路につきました。

宇都宮からたったの90分でこんなに充実した一晩を過ごせるのは「温泉天国の栃木県」ならではじゃないでしょうか?

鬼怒川も川治も地震の爪あとは何一つありませんでした。
道路も鉄道も普段通りに動いています。

嬉しいことに、鬼怒川や川治まで無料のシャトルバスが毎日運行されています。
特にこの時期に訪れた観光客は大歓迎されること請け合いです。

最後に”おでん”は大声で言いたいです。
「観光地に行くなら今が大チャンスですよ!!」

 

 


 

 

 

 

ニュース投稿日 : 2011年04月24日 / TOP

こんにちは。”おでん”です。

今日の新聞の一面に観光庁長官のこんな記事が載っていました。

「震災や福島原発の影響で観光地を訪れる旅行客が激減。ホテルや観光業者が
悲鳴をあげているため、風評に惑わされず是非GWに旅行に出かけてください。」

エバーGも観光業者の一員のため、たいへんありがたいお言葉なのですが、
”おでん”はちょっと複雑な気持ちです。

それは風評や原発の懸念で旅行を控える方も多いでしょうが、”おでん”の周り
には長期間工場が操業ができないため、自宅待機を余儀なくされている人や
地震で屋根や外壁が壊れてしまい、修繕するのに予定外の出費がかさんで
しまうなど二次被害といっても過言でない理由をお持ちの方も多いのです。

だれだって休みがあれば旅行に出かけたりキャンプなので家族と過ごしたい
ですよね。

これは”おでん”の昔話になってしまいますが、50年も生きてきて今までで一番
楽しかった旅行の思い出といえば、40年も前に行った幕張での潮干狩りです。

現在の東京ディズニーランド近辺は、当時は潮干狩りの名所だったんです。
大潮の干潮時に狙いを定めて浜に繰り出すと、あたり一面広大な干潟が
現れて、そこでは無数の天然あさりが取り放題だったのです。

s-潮干狩り2.jpg
次の潮が満ちてくる約3時間。大人も子供も無我夢中でアサリ獲りを楽しみました。
親戚や知人の家族と一緒に行くと、子供だった”おでん”と同年代の従兄弟たちと
一緒に本当に楽しい一日を過ごせました。
潮干狩り.jpg
Tシャツに短パン姿で準備するものといえばバケツと熊手ぐらい。
本当に安上がりの日帰り旅行でしたが、40年も前の思い出が今でも心に深く焼き付いています。

楽しみや思い出ってまったく金額には比例しないものですよね。
特に子供たちにとっては、100万円の海外旅行よりも近所でキャンプの方が楽しく感じることも多いと思います。


大事なのは「みんなで楽しい時間を共有する」ことではないでしょうか・・・・。

 

 

ニュース投稿日 : 2011年04月22日 / TOP

こんにちは。”おでん”です。

当社の若手社員が再び気仙沼を訪ねました。
前回と同様、気仙沼大島の旅館”丸栄”さんです。

二週間ぶりの大島でしたが、復興は依然長期戦の様相です。
むしろ、地盤沈下が深刻でちょうど訪問した日は大潮だったため
海面が堤防を洗い流すほどでした。

s-P1010923.jpg
もし今ふたたび津波がきたとしたら、その被害は3.11をも凌ぐものになって
しまいます。島民の皆さんはさぞ心配でしょうね。

目的の”丸栄”さんはまだまだ再開には時間がかかりそうです。ただ一時は閉鎖も
考えたそうですが、今はもう一度旅館を復活して再出発しようとしています。
そのせいか前回お会いした時よりも少しだけ元気を取り戻したお顔が印象的です。

s-P1010922.jpg
写真の中央が”丸栄”さんのご主人と娘さんです。絶望のどん底から少しずつ
再開に向けて歩みだしています。埃まみれのお姿ですが力強さを感じます。
それにしても当社の新人だけ”満面の笑み”とはどうゆうこっちゃ??

s-P1010919.jpg
まだまだいたる所に津波の傷跡が残る気仙沼市内ですが、
人間のいる所にはかならず「希望」という光りが射すことを信じます。

 

ニュース投稿日 : 2011年04月19日 / TOP
TEL : 028-639-5931 / FAX : 028-639-5971 / お気軽にお問合せ下さい