エバーグリーンツーリスト > お知らせ・旅行ニュース > スタッフ体験記 > うまい”ラーメン”と止まらない”お煎餅”。節約日帰りドライブその2

うまい”ラーメン”と止まらない”お煎餅”。節約日帰りドライブその2

こんにちは。”おでん”です。

前回の成田お助けツアーが意外?にも好評だったようで
「週末に家族で行ってきました!」とか「3000円しか使ってません!」などの
お礼のメールをいただいた次第です。
そこで気を良くした”おでん”は「あんな記事で感謝されるならこれはどうよ!」と
先週末に嫁と行った半日ドライブをご紹介してみようと思います。

ドライブの目的が”安くてうまいランチを食べること”なので、3候補のうちで
佐野ラーメンに決定!倹約の旅なので高速は使わず293号線をトボトボ南下、
それでも1時間で佐野に着きました。

だんち2杯.JPG

今回訪ねたのは、昨年の記事でもご紹介した。正統派の佐野ラーメン「だんち」というお店です。
工業団地にあるため「だんち」という店名だとか?
”おでん”はチャーシュー麺大盛り900円

だんち1杯.JPG
嫁はねぎらーめん800円、餃子1人前を入れても2000円に満たない安くても大満足なランチでした。

帰り道にもう一軒、知り合いから教わった、一般人には絶対わからない場所にある激ウマ激安の「お煎餅工場」に立ち寄りました。


飯沼 外観.jpg

 

飯沼 商品.jpg

293号線からほんのちょっと脇道に入り民家の連なる細い路地を行くと、中規模なお煎餅工場がありました。そこにログハウス調の直売所がありまして、おばあちゃんが一人で店番をしていました。
工場直売の価格はHPでは公表するのははばかるほどの値段で、スーパーなどで500円ほどの商品がなんと3袋で500円、さらには製造過程でちょっとヒビが入ってしまったものは100円ほどで売られていました。
あれやこれやとてんこ盛りで買ったあげくが2000円でお釣りがくる始末。むこう三か月、いや半年は煎餅を買う事はないと断言します!

前回に引き続きまたまたチープな旅をご紹介してしまいましたが、贅沢しなくても身近に
ハッピーになれる旅があるものですね。ふるさと再発見の旅でした。

介護の仕事をしている”おでん”の嫁は、「お休み」という言葉がまるで自分が
世の中から干されているように感じる、いわいる典型的な「昭和初期の女」でして
40度の熱があっても会社に行こうとする心底真面目一辺倒の人間です。

そんな人を半日のドライブに誘うには「勉強」と「節約」のこの二文字が不可欠で、
介護のお客様にお話しできる話題作りとお得感は絶対なのです。
貧乏暇なしの人生ですが、孫が来ない週末はどこかに連れ出してあげたいと
思う”おでん”でした。

旅情報

青竹打ちラーメン  だんち  佐野市鎧塚町335-5
                  0283-24-7303
                  月曜定休

煎餅工場  株式会社飯沼  栃木市西方町元851-1
                  0282-92-2004
*不定休のため事前に電話確認要。特売情報もね。



 

ニュース投稿日 : 2018年05月21日 / スタッフ体験記 / TOP
TEL : 028-639-5931 / FAX : 028-639-5971 / お気軽にお問合せ下さい