エバーグリーンツーリスト > 旅行・ツアー > スタッフ体験記

スタッフ体験記

エバーグリーンツーリストスタッフの旅行日記

該当するツアー : 66件

皆さん、こんにちは!

ぼんです☆

モロッコ旅行の体験記、最終話です( ´∀`)

☆前回のあらすじ☆
鉄道に乗るつもりが、バスで移動する事になったぼん。
フェズで迷い、臭いに悶えながらモロッコ最後の街「タンジェ」へ向かいます。


☆本編スタート☆

フェズから揺られること約6時間。。

モロッコの海沿いの街、「タンジェ」に到着です!

モロッコ_013.jpg

タンジェは今までの街と違い、港街だからか開放的な雰囲気でした☆

魚介類も多く、スペイン料理屋やおしゃれ~なカフェとかありましたよ!
(お恥ずかしながら私も気取ってそこでカフェしました)

ここでホテルもあまりお安い宿はなかったので、そこそこのホテルに
泊まりました。流れているラジオはスペイン語!

あぁ、国境沿いまで来たーー!と実感しました。

数日の滞在は特にこれといった観光も、トラブルもなく、前述のカフェで
気取りながら避暑地に来たセレブのように過ごしました(気分だけ)

【モロッコからスペインへ】

でもそろそろスペインへ移動しなくては行けません!
ので、タンジェ港から船でスペインまで移動します☆

モロッコ_14.jpg

ジブラルタル海峡を超えるなんて!素敵と思われた方。。
ここからが大変だったんです。。

前日のうちにチケットも購入(午前便)し、意気揚々と港へ向かいました。
ここで出入国審査を受けるのですが!!

税関で日本人と信じてもらえない(泣)

ホテルでも出てきたあいうえお表を読まされ、荷物も全部だし、
旅先で出会う人にあげる金閣寺とかのはがきも見せ

約20~30分かかったでしょうか。。

やっと税関を通ることができました(*´ω`*)

余裕を持って出てよかった~と思い、チケットに書いてある乗り場に行きます。

そうするとインド人の婦人が先に居て、おしゃべりしながら船を待っていました。

が…待てども待てども船はこず…近くの係員に聞いても「分からない」の一点張り( ´゚д゚`)エー

何時間、インドのご婦人と一緒に騒いだのでしょうか。。
しぶしぶ?船が来ました。もうお昼のすぎ、14時になっていました(泣)

幸いにインド人のご婦人のサンドウィッチを分けて貰い、なんとか飢えをしのぎました。。

ただ、船の中は綺麗でキャーキャー二人で騒いでました(だって二人しかいないもん)

無事にスペインに到着したのは夕方過ぎ。

ここからぼんのスペインの旅が始まります!!

ということで次回はスペイン旅行の体験記をご紹介します(・ω<)


☆最後にお土産で評判が良かったもの☆
(ぼんの周りの人たちの意見なので参考になるかわかりませんが・・・)

1位 バブーシュ

モロッコ_15.jpg

モロッコといったらバブーシュです!
雑貨屋などにも最近は置いてありますが、日本で買うと高い。。
でもモロッコだったら約1000円くらいで買えますよ(*^^*)

モロッコで買うと安いですし、質もいいので大変喜ばれますよ!

ちなみにぼんはお家の中のスリッパとして愛用しています。


2位 ミントティーグラス

モロッコ_16.jpg

私はモロッコの後も旅が続くため、買うことはできませんでしたが、
ミントティーグラスは日本で買って愛用しています。

なんといってもその可愛さ!たまらないです。。

3位 バラ水(バラのエッセンシャルオイル)

モロッコ_17.jpg

モロッコといったらバラですよね~
ぼんはバラの匂いが大好きなので、エッセンシャルオイルをわんさか
買いました笑

安いし、質も良いので喜ばれますよ!!


いかがでしたでしょうか?参考になれば幸いです!

モロッコは本当に異国!といった感じが楽しめる国です。
是非次回のご旅行にモロッコをご検討下さいね☆

ぼんでした!

皆さん、こんにちは!

ぼんです☆

モロッコ旅行の体験記、続きいっきまーす!

☆前回のあらすじ☆
マラケシュを堪能したぼん。
マラケシュを離れて、フェズへ向かうことに・・・。


☆本編スタート☆

フェズへは電車で向かうことができます。

朝が早かったので、バスではなくタクシーでマラケシュ駅へ
向かうことに。。

マラケシュ駅はフランス語で「Gare de Marrakesh」と言います。
そしてしっかりと発音した・・・つもりでした。。

が、結構近いはずが結構な距離を走るタクシー。

(どこに向かっているの??)と不安なぼん。

到着したのは「Gare de Marrakesh」

合ってるんだけどここは鉄道駅ではなく、長距離バスのマラケシュ駅
へ到着してしまいました!!

でもまぁ、いいかとバスでフェズへ向かうことにしました。

所要時間9時間。。長い。。
到着したらもう夕方(というか夜です)

イスラーム教圏なので、隣が男の人だと微妙ということで
親切な若夫婦が奥さんの隣席を譲ってくれました!シュクラン!

奥さんは本当に良い方で、私の拙いアラビア語を理解してくれました。


☆フェズに到着

モロッコ_9.jpg

フェズに到着したのは、遅れてもう20時近く。。

急いで宿を確保しないといけません><

ただイスラーム教圏を夜、女ひとりでうろつく勇気もありませんので
フェズにあった結構大きなホテルに泊まりました。
(記憶が確かなら4つ星だったはず)

夕ごはんは行く途中で買ったパンとバスの奥さんからもらったお菓子。。
しょばい夕飯ですが、そんな時もありますよね!笑

☆フェズ観光

◆フェズ旧市街

モロッコ_10.jpg

フェズといったら・・・旧市街です!
色んな国や都市で旧市街がありますが、フェズの旧市街はその中でも
かなり難関です。。

私はお金がなかったので、ガイドさん雇えなかったので迷いに迷い、
半泣きになり(泣いていたかも笑)今度は小学生くらいの現地の少年に
案内してもらいました笑

でもフェズの旧市街行かなくしてモロッコに行ったとはいえない!ので是非☆


◆タンネリ

モロッコ_11.jpg

タンネリは革職人さんたちがいる地です。
一見の価値はありますが、動物の匂いや染物の匂い(糞とか。。)
の匂いが立ち込める
ので、弱い人は無理かもしれません。

あと、写真を無許可でとると「撮影料よこせ」といわれることも
あるそうなのでここもガイドさんに連れて行ってもらった方がいいです。

ちなみに私はお金がなかったので写真は撮りませんでした笑

◆メリニデスの墓

モロッコ_13.jpg
フェズの丘の上にあるメリニード朝時代の墳墓です。
丘の上にあるので、フェズの旧市街を一望できるナイススポットです☆

ツアー客も多かったので、皆さんモロッコにいったら行けるかと思います。


フェズは観光名所も沢山あるのですが、結構昔ながらの町並みが残っている
ところなのでおすすめですよ!!


フェズでは観光した後、一日具合が悪くなって寝込んでしまいました。。
フェズの後はタンジェに向かいます!

今回もバスで!!


次回更新ではモロッコ最後の街、タンジェとおすすめお土産を紹介します☆

次回をお楽しみに!!

ぼんでした(*^^*)ノ

皆さん、こんにちは!

ぼんちゃんです☆

モロッコ旅行の体験記、続きいっきまーす!

☆前回のあらすじ☆
無事にモロッコに到着し、カサブランカからマラケシュに
到着しフナ広場に着いたぼんちゃん。
しかし宿は決まっていない!すでに夕方!
宿は決まるのか!?

☆本編スタート☆

マラケシュのフナ広場周辺は沢山の宿があります。
しかし街は迷路のように入り組んでいるため、なかなか辿りつけません。。
(ぼんは方向音痴のため、皆さんはそう感じないかも)

目当ての宿に到着し、空き状況を確認すると滞在中空いてるとのこと!
ラッキーということで早速チェックイン手続きをすると。。

なんと!日本人と信じてもらえない(;´∀`)
パスポートを見せても偽造といわれ、八方塞がりなぼん。
こんな平均的な日本人顔なのに!

15分くらい受付のおっさんと小競り合いをしていた時に、1人の日本人が
来まして助けを求めたところ、おっさんはすんなりと私を日本人と認めて
くれました(゜゜) なんだったんだ。。

とにかく無事宿も確保できた私は、助けて頂いた日本人と一緒に
フナ広場に繰り出しました。
※後にこの日本人の方にはフランスでもお世話になります(*´ω`*)

モロッコ_5.jpg

屋台がいっぱい!人もいっぱい!てかフランス人ばっか!
そうです。。ちょうどフランス人のバカンス時期で、フランス語が通じる
モロッコはフランス人に人気の国。

アラビア語よりもフランス語が飛び交います(笑)

そこで食べたのは「シシカバブ」「なんかサラダ」「クスクス」
結構ボリュームもあるので、すぐにお腹いっぱいになりました( ´∀`)

ぼんはお肉では一番羊が好きなので、アラビアの国は天国です☆

寒かったので早々に切り上げてハマムへ!

☆ハマム(ハンマーム)

ハマムとは公衆浴場のことで、日本で言うと銭湯みたいなところです!
でも湯船はありません。蒸し風呂になっていて岩みたいなところで寝そべったり、
座ったりしたりする。。サウナのあまり熱くない版みたいな感じです。
(伝わったでしょうか。。イメージ画像を御覧ください)

モロッコ_6.jpg
※イメージ図


そこではアカスリしてもらったり、マッサージとか受けられます。
(でもかなり乱暴ですので、観光客向けのハマムのがおすすめです)

長時間の移動の疲れもスッキリしました!

一晩、ぐっすり寝て2日目はマラケシュの観光です。
しかしながらぼんは雨女なので朝から雨でとても寒かったです^^;


☆マラケシュ観光

◆スーク

モロッコ_7.jpg

◆スーク内にあるクトゥ-ビヤ・モスク
モロッコ_8.jpg


小ネタ

ちなみにぼんはスークを満喫して、フナ広場に戻ろうといた時に
迷ってしまいモロッコ人カップルと手をつないでホテルまで案内
してもらいました。。
本当に迷路のようなところなので、あせらずのんびりと観光してくださいね。

焦ると泣きたくなるほどに困惑します笑
(というかぼんは半泣きでした笑)

マラケシュ観光を1日しっかりとしたので、残り1日は本当にのんびりと過ごしました。

ちょっと高級な(バックパッカーにしては)レストランでランチしたり、
カフェで地元のおじさんとゲームしたりしました。

マラケシュは寒かったですが、本当に楽しい地です!!

では次回は2つ目の都市『フェズ』へ向かいます。
そこでもまたもや一波乱ありました。。

 

次回をお楽しみに!!

 

皆さん、こんにちは!

ぼんちゃんの旅行体験記~トルコ編~はいかがでしたでしょうか?


もっと詳細な旅行記が読みたい!と早速ご意見がありましたので、
今月はモロッコを4週に分けて詳細にお届けします☆

モロッコ_1.JPGのサムネール画像

まるで自分が旅行している気分になれるかも??

さてさて・・・

モロッコはどこにあるのか分かりますか?
北アフリカの北西部に位置する国です。

主に話される言葉はアラビア語とベルベル語、フランス語です。
電車や街なかも英語表記はないので、結構苦労されるかもしれません。
(実際私も苦労しました。。)

今、タジン鍋とかバブーシュとかで若いひとにも人気の国ですよね!

私は大学の卒業旅行で訪れました!
卒業旅行とはいいつつも、一人旅だったのですが。。(泣)
モロッコ~イギリスまでの旅行だったので滞在は1週間程度でした。

2月の後半~3月頭にかけてだったので、意外と寒かったです。
(私の滞在中はほぼ雨でした。。)

訪れた街は下記地図の通り、
「カサブランカ」「マラケシュ」「フェス」「タンジェ」です!
それぞれ都市ごとによって顔が違うので楽しいですよ!

モロッコ_2.JPGのサムネール画像

☆急に始まるアラビア語講座☆
こんにちは→アッサラーム・アレイクム السلام عليكم
こんにちはを言われたら→ワッアレイクム・アッサラーム عليكم السلام
ありがとう→シュクラン شكرا
さようなら→マアッサラーマ مع السلامة
私は日本人です→アナーヤーバーニー(女性はアナーヤーバーニーユン)
私はぼんちゃんです→イスミーぼんちゃん

客引きにしつこく言われたら・・
インシャーラー(神が望むなら)
→買うも買わないも神次第=買いませんとなります!
(客引きによるかもしれませんが・・・)
※トルコと一緒です!アラビア語なのです。


☆モロッコまでの旅路

モロッコまでは直行便はないので、私はエールフランスを利用して
一度シャルル・ド・ゴール空港(フランス・パリ)を経由してカサブランカへ
向かいました!

シャルル・ド・ゴールに着いたのは午前3時頃(´・ω・`)。。
カサブランカ発まで結構な時間をぼーっとして過ごしました。

☆カサブランカ~マラケシュ

カサブランカに着き、ちょっと街を散策してすぐにマラケシュへ向かいます。

マラケシュまでは電車で向かいました。
そう!モロッコ国鉄(ONCF)です!

モロッコ_3.JPGのサムネール画像

1等車、2等車とありますが私は2等車です。
電車に乗るときに日本人夫婦のバックパッカーにあい、
一緒に乗りました。途中、現地の家族連れにあい子供と一緒に和気藹々と過ごしました。
梅の飴をあげたら吐き出されました(笑)

モロッコの電車は結構正確です!2等車でもかなり清潔☆ 
でも、日本と同じように寝たりしてはダメですよ!

3時間半くらいでマラケシュに到着しました。

ここでマラケシュ駅からフナ広場まではバスがあるので、乗車をします。
(現地の方が利用しているバスです)


フナ広場につくとそこはよくガイドブックに載ってる風景です。

モロッコ_4.JPGのサムネール画像

でも私はまだ宿を取っていないので、宿を確保しにフナ広場近辺の安宿街に
繰り出します☆

でも、この宿探しで一波乱が・・・・ッ!
さて、ぼんちゃんは無事宿を確保できるのか!?

次回のぼんちゃん旅行記をお楽しみに!!

皆さん、こんにちは!

少しずつ暖かくなってきましたね☆

 

私は花粉症なので、目・鼻がしんどいでず。。

 

さて、「新入社員ぼんちゃんの旅行体験記」はいかがでしたでしょうか?

トルコの続きをご紹介致しますよ!!

 

◆パムッカレ
名所:パムッカレ

パムッカレ.JPGのサムネール画像


訪れた時は2月だったので、あまり温泉はでてなくて寒かったです笑
でも白くて綺麗で天気が良い日に高い部分に立つと、本当に異世界に行ったみたいになりますよ!

特に覚えているのがパムッカレの下にあるレストランやホテルの人たちの優しさでした!
ご飯はもちろん美味しかったですが、具合が悪くなった時に皆さんに助けて頂きました~
本当に旅は一期一会ですね!

◆カッパドキア
名所:きのこのようなカッパドキア渓谷

カッパドキア.JPG

カッパドキア渓谷は結構見どころが離れているので、ここではぼんも現地ツアーに一日だけ
参加しました。本当によくこんな場所に住んでいたな~と思うくらい、中は迷路のように
なっていました!カッパドキアに行く際は必ずガイドさんから離れないようにしてくださいね!!

近くのウルギュップにはトルコワインのワイナリーもあるので、お土産にも良いかもしれませんね☆

◆小話
トルコには1ヶ月近くいましたが、あまり観光地は回らず公園とか路地裏とかを散策していました。
トルコには猫も沢山いて、イスタンブールは猫都市みたいでしたよ笑

猫好きな人にも良い国かもしれません?


☆最後にお土産で評判が良かったもの☆
(ぼんの周りの人たちの意見なので参考になるかわかりませんが・・・)

1位 エルマチャイ elma cayのティーパック

エルマチャイ.JPG

アップルティーなんですが、結構レストランやショッピング(特にバザール)に行くと
お店の人が出してくれます。本当に美味しい!甘-----くして飲んでくださいね☆

2位 トルコグラス(cay用)

チャイグラス.JPG

トルコでお茶を出してくれる時に入れてくれるあのグラス!
凝っていないものならトルコのスーパーで買えます笑
6個セットなので、ばらしてあげてもいいかも!

3位 小さなクルアーン

クルアーン.JPG

トルコはイスラーム教を信仰している人が多い国です。
イスラーム教の聖典であるクルアーンの手のひらサイズのものが、
グランドバザールの裏手に本専門のバザールがあり売っています。
なかなか日本では手にはいらないものなので喜ばれました。
(ぼんは大きなクルアーンも4冊くらい買って来ました)

4位 ファティマの手

ファティマの手.JPG

ファティマとはマホメット(ムハンマド)の娘の名前です。
ファティマの手は幸福を呼ぶお守りとして現地で愛用されています。
ペンダントなどにもなっているのをお土産としてプレゼントしました!
ぼんももちろん持っています~

5位 コロンヤ

コロンヤ.JPG

コロンヤとはレストランなどでお客様の手をかけてくれるレモンの香り
のコロンです。高いアルコールなので消毒にも◎
爽やかな香りで今でも恋しくなります笑

 


いかがでしたでしょうか?


これからトルコもどんどん暖かくなってくるので良い時期ですね♫♫

トルコについて知りたいことがあれば気軽にご来店下さい!

では次回の更新をお楽しみに☆

 

ぼんちゃんでした!!

 

 

TEL : 028-639-5931 / FAX : 028-639-5971 / お気軽にお問合せ下さい