エバーグリーンツーリスト > 旅行・ツアー > 社員旅行・グループ旅行

社員旅行・グループ旅行

キャリア20年のスタッフが幹事様のお手伝いをします!

該当するツアー : 38件

☆8月・9月限定 夏トクホテルプラン☆
2008年8月1日~9月30日宿泊限定
(ホテルによりご利用いただけない日がございます)

期間限定だからこの価格! 4200円~10600円
(おとなお一人様 ホテルモントレ横浜1泊食事なし街側ツイン3名1室利用)

g1[1].jpg

 ◆新浦安 ホテルエミオン東京ベイ

椰子の木に囲まれリゾート感いっぱい!
ホテル自慢の天然温泉でリラックスを。

☆マル得ポイント☆
8月限定:スタンダードツインにご宿泊の方には500円分の
館内利用券付き!
9月限定:1000円分の館内利用券付き!

 

 


◆東京 ホテルイースト21東京

HotelImage[1].jpg
館内には数々の絵画が飾られ、まるで美術館のよう。
優雅で落着いた雰囲気の中、充実した設備と
きめ細かなサービスで、ゆっくりお寛ぎいただけます。

☆マル得ポイント☆
8月にご宿泊の方には屋外ガーデンプール
1回ご利用券付き!
9月ご宿泊の方には、お一人様3000円分の
館内利用券付き!

 

◆東京 セルリアンタワー東急ホテル
☆マル得ポイント☆
フィットネスクラブ(ジム・屋内プール・サウナ)
利用50%割引券付き!

◆横浜駅前 横浜ベイシェラトンホテル&タワーズ
☆マル得ポイント☆
28階スカイラウンジ『ベイビュー』のカバーチャージ券付き!
横浜大世界入館引き換え券付き!

◆山下公園 ホテルモントレ横浜

◆東京 渋谷エクセルホテル東急
☆マル得ポイント☆
朝刊をお付けします!

上記の6つのホテルよりお好きなホテルをお選び下さい。

詳しくはお問い合わせ下さい!
☆Rei☆でした(^o^)丿

 


 

 

 
 

今日は、卒業旅行でグアムに行かれた大学生からのレポートをご紹介したいと思います。

今回の旅行は自分たちでインターネットで探していたそうですが、3名のうち一人が韓国からの留学生のため、渡航手続きがよく解らず当店を訪ねて下さったそうです。

実際にグアムに行く場合に日本人はパスポートだけで行ける手軽な場所なのですが、韓国籍の場合はパスポートのほかに(①アメリカの入国査証 ②日本の再入国許可証など)が必要で、その手続きだけでも1週間以上は必要なのです。
やっと準備も整い、3月7日から5日間でグアムに旅立ったのです。Yuu GUAM&TAIPEI 016.jpg

予算の関係で夜に日本を出発し、帰国も早朝の割安な便を選びました。
4日間ではきついフライトですが、5日間ならば十分だと思います。
そしてホテルはフィエスタ・リゾートグアム(旧第一ホテル)に宿泊されました。
このホテルはグアムの中心地タモン湾に建ち、建物は古めですが、全室海側の部屋
で眺望は抜群だそうです。お客様の部屋は7階だったそうですが、写真の通り
海の景色や夕日など部屋のベランダから楽しんでいたそうです。
Yuu GUAM&TAIPEI 036.jpg
Yuu GUAM&TAIPEI 041.jpg
自由行動日が3日間ありましたが、1日はレンタカーで島内観光。
(ホテル内のニッポンレンタカーで借りたそうです。日本の運転免許証だけでOK)
翌日はツアーのオプショナルツァーで潜水艦に乗船。
Yuu GUAM&TAIPEI 032.jpg

水深40Mまで潜ったそうです。10M位にはスキューバ
ダイビングを楽しんでいる人がたくさん見られるそうです。
また深場には無数の魚がいてグアムの海の豊かさを
実感したそうです。
ツアー費用80ドルは納得だとのことです。

最終日は、ショッピングを中心に楽しんだそうです。ルイ・ヴィトンのお店は日本人で満員で学生風の方々が次々と高価なバッグや財布を買っていたそうです。お客様も財布を購入されたそうですが、日本で6万5千円のものが、5万円で買えたそうで、円高の影響もあってかなりお得のようです。 

グアム最後の夕食はホテル内のレストランでバーベキューのディナー50ドル。Yuu GUAM&TAIPEI 029.jpg
ちょっと高価でしたが、どれもたいへん美味しくおすすめだそうです。

この時期のグアムは、日本人の家族旅行と学生の卒業旅行でたいへん賑わっていて、
飛行機もホテルも満員だったそうです。

日本からわずか3時間と近いうへに、恵まれた気候と治安の良さで不動の人気ですね。
ゴルフ、ダイビング、ショッピング、グルメなどますます楽しいグアムに是非出かけて
みませんか?

今回の旅行データ
ルックJTB アウトレットグアム5日間Yuu GUAM&TAIPEI 047.jpg
航空会社: 日本航空 夜/朝便利用 
出発便:成 田発21:30  グアム着02:00
帰国便:グアム発04:15  成 田着07:00
ホテル: フィエスタ・リゾート・グアム
食 事: なし
旅行代金: お一人様58,800円  諸費用16,000円
*現地で自由に利用できるトロリーバスやツアー専用バスなど特典満載です。

家族旅行から職場旅行までみんなで楽しめるグアムに是非お出かけください。
当店ではお手軽プライスのグアムツアーを多数取り揃えております。
ご相談をお待ちしております。

最後に、貴重な情報やお写真を提供してくださった、さくら市のS,O様。
本当にありがとうございました。これから社会人としてご活躍されることを
心から祈念いたしております。

 




 






ホームページをリニューアルしてから、たくさんのご質問や
お問い合わせをいただくようになりました。本当にありがとうございます。

その中でも特に多いお問い合わせが「栃木でおすすめの旅館を教えてください」
ですので、今回は栃木県内の一押し旅館をご紹介したいと思います。

栃木県は内陸に位置するため、海がありません。
その代わり、那須や日光に代表されるような高原や山の観光地がたくさんあります。
もちろん温泉も出ますので、多彩な温泉旅館が選び放題です。

どの旅館も”お客様第一主義”で工夫や努力をされている所ばかりですが、
特に泊まっていただきたい旅館を3ケ所ご紹介します。

伝七桧風呂.jpg
1 川治温泉 「宿屋伝七」  
宿泊代金1万円代でこれだけ満足できるお宿はそうそうないと思います。
家族でもグループでも心底楽しめるお宿です。


2 奥鬼怒温泉 「八丁の湯」  
電気が通ったのはほんの数年前、まさにランプの宿でした。
温泉と自然においては、栃木一番だと思います。八丁ログハウス.jpg
小グループでログハウス棟に泊まれば大満足できるでしょう。


3 那須温泉 「サンバレー那須」
お子様連れやグループ旅行には最適です。
サンバレーバイキング.jpg
遊べるお風呂や温水プールなど楽しさ満載です。
またお食事のバイキング料理には圧倒されます。


詳しくは、それぞれのホームページでお確かめください。

栃木へご旅行を計画中でしたら、是非当店にご相談ください。
宿泊場所以外にも昼食や観光場所など、
地元ならではの情報を最大限お伝えしたいと思います。

こんにちは。おでんでーす。

学校の遠足や修学旅行などで必ず何度かは利用したことのある”観光バス”・・・・・。
今日はこの”観光バス”をテーマにお話ししたいと思います。

その前に、おでんは結構観光バスに詳しい。(もちろんカメラ片手に・・・・のマニアほどじゃないけれど、観光バスファン位のレベルにはあると思う。)

だから、職場旅行の定番「1泊2日のバス旅行」などのバス手配をおでんがすると、かなりの確立で”スゴイ観光バス”が来るはず・・・・なのです。because、バスに詳しい分、「この人数とこの顔ぶれだと○○観光バスの昨年モデルチェンジしたばかりのセレガのスーパーハイデッカーで、定員30名乗りの独立シートで床下にトイレの付いたあのバスにしよう」なんて、MS社のスーパーコンピューター並みの速さでピピピっと繋がるのです。 しかもふだんのダラダラとした仕事ぶりは一転。
                                      

セレガ外観.jpg
素早くバス予約を完結させるのです(この手のバスは人気者で、先手必勝なのだ!)                                

バストイレ.jpgバスシート.jpg
さらに、ここからは大きな声じゃ言えないんだけど・・・・。

だいたいのバス会社では、こういう”いいバス”を担当する運転手さんは、
その会社を代表するNO1ドライバーが多い!!そのためか
運転がひじょうにうまい、そして丁寧
道路を本当によく知っている
乗客を大事にしてくれる
などなど一番とくするのは、やはりお客様なのです。
あくまでもここだけのはなしですよ。

最近、観光バスに乗ってますか?今年の夏は観光バスで旅行してみませんか?
特にお薦めは北海道かな。北海道って土地柄、日本一の観光バス大国なんですよ。

バスガイドさんの説明を聞きながら、快適な観光バスに揺られて過ごす休日・・。
たまにはいいもんですよ!! 

 

こんにちは。おでんでーす。

隣にいるエバ子に、タイトルの「ギザ・安いっす」のギザの使い方って間違ってないよね?って質問したら、”おっさんのくせに気持ちわりー”って、答えになってない答えが返ってきた。変な奴に聞いちまったと”ギザ反省っす。”ヘヘヘ(≧ω≦)

世の中には、本当にたくさんのツアーがあるけど、今回はぜひとも聞いてほしいツアーをご用意いたしました。

ご存知の方も多いと思いますが、「クラブメッド」と言う旅行です。 この旅行の大きな特徴は、「オールインクルーシブ」 (日本風に言うとオール込み込み) なのです。

CMカビラパンフ.jpg


要するに、食べ放題、飲み放題、遊び放題、寝放題、スポーツし放題、ふざけるな(` 曲 ´)って言われそうですが、それが「オールインクルーシブ」なのです。

おでんの言うことは大げさであてにならん・・・とお怒りの貴兄に、おでんの実体験をお話しします。

昨年の夏に左のパンフレット(沖縄・石垣島のクラブメッド)に行ってきました。

おでん一家4人と嫁の友人一家4人で総勢8人、それぞれに食べ盛りの中高生(頭は悪いんだけど、胃袋だけはギャル曽根級)がいるのでこの食べ放題の文言にいちころだったのです。
正直いうと最初は1日3食バイキングなんてたいした期待もしてなかったのですが、家族全員の感想は満足度200%・・・・・。

クラブメッド カビラ.jpg
決してオーバーではなく、サラダもメインもデザートも全て美味しかったのです。そして、嫁は毎食、飲み放題の白や赤のワインをまさに浴びるほど飲んでました。(ふだんはじーちゃんと同居なのでそうとう遠慮しているのか、夫のおでんさえこんなに飲める人とは知らなかった。)

さらに驚いたのは、3日に1度やってくるシーフードディナーの日で、その場で握ってくれるお寿司や新鮮なおさしみ、そして沖縄ならではのフルーツもGoodでした。

普段は起こしても起きない子供たちも、夕食であんだけ食ってるのに、朝食が待ちどうしくて、みのさんの朝ズバなみの早起きをするのです。 ほーっとけない・・(`m´#)

でも皆さん「クラブメッド」の魅力はこれだけにあらず。マリンスポーツやテニスなんかもやり放題なのです。

CMスポーツ.jpg
長男は、シュノーケリングがよほど気に入ったらしく、目の前の海にいりびたり・・・(本当はハイレグが気に入ったんじゃないの?)、娘は大阪から来たイケメンの大学生と仲良しになり卓球しまくり。 そして嫁はというと、完全に泥酔状態でベッドで寝放題・・・・。その寝顔を見てると”日頃は本当に忙しくしているので、時間無制限に寝てくれよ”と言いたくなりました。 お疲れさん。

これだけ遊んで、これだけ食べて(嫁はこれだけ飲んで)って安すぎじゃなーい。
財布を気にせず遊べることがこんなにリラックスできるとは・・・・まさに”目からウロコ”「クラブメッドのバカンス村」でした。 「オールインクルーシブって最高!」




TEL : 028-639-5931 / FAX : 028-639-5971 / お気軽にお問合せ下さい